済生会東神奈川リハビリテーション病院

〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区
西神奈川1丁目13番地10

電話045-324-3600

NEWS

院長挨拶

済生会東神奈川リハビリテーション病院は、済生会神奈川県病院で培ってきた回復期リハビリ機能を移し、専門病院として誕生しました。近隣の医療機関と連携しながら入院でのリハビリテーションを充実させ、生活期へとつなげます。また大学・企業と協力して最先端リハビリの研究と実践に積極的に取り組み、未来のリハビリ医療へも貢献したいと考えております。

神奈川県病院で構築してきた回復期リハビリテーション機能を引き継ぐとともに、地域の皆様に選ばれる病院を目指してゆく所存ですので宜しくお願い申し上げます。

院長 江端広樹

最先端リハビリ

最先端技術を取り入れたリハビリテーションを提供しています。

当院では最新のリハビリ機器や検査機器を導入し、障害や残存する機能の正確な診断・評価を行い、患者さん一人ひとりに対して最適なリハビリメニューを提供します。そして、大学や企業との共同によるリハビリテーション医療機器やシステムの研究・開発にも協力し、最新の脳科学の知見に基づくニューロリハビリテーション(神経リハビリ)など最先端のアプローチを用いて治療効果の最大化につなげたいと考えています。 また、最先端リハビリテーションと既存のリハビリテーションをシームレスに提供する次世代のリハビリ、「スマートリハ」をいち早く取り入れました。そこでは、新しい治療機器や診断装置を用い、患者さんのデータを一元的に集約・管理することで安全性と治療効率の向上を図ります。この取り組みをはじめ、私たちは常に未来のリハビリテーションを追求しています。

スマートリハのイメージ
スマートリハ SmartRehab
国立研究開発法人日本医療研究開発機構によるプロジェクトで、ニューロリハビリテーションの理論に基づいて開発された革新的なリハ機器・ 評価機器が高度にシステム化された、近未来のリハビリ―テーション。

特長

神奈川県屈指の規模。充実のリハビリ環境を提供します。

  • 専門医
    4
  • 理学療法士
    30
    作業療法士
    30
    言語療法士
    15
  • 看護師
    40
    介護福祉士
    15
  •  病床数
    97

    ※2018年4月予定

神奈川県屈指のセラピスト規模を誇る、リハビリ専門病院の誕生です。

回復期リハビリテーションに特化した専門病院として多くのリハビリ専門医やセラピストなど、専門性の高いスタッフと充実した設備をそろえています。病院は公共交通機関から至近で、周辺にはスーパーなどの店舗が数多くあり、外出訓練、電車やバスの乗降、買い物など患者さんの実際の生活を想定したリハビリが可能です。

リハビリへのこだわり

  • 評価力と予測力が問われるリハビリ医の仕事

    患者さんの治療のゴールをどこに設定するのか?それを決めるのが、リハビリ医の重要な役割の1つです。適切なゴール設定のためには、正確な機能評価と予後予測が欠かせません。例えば嚥下機能障害に対するリハビリの場合、客観的評価法として嚥下造影検査があり、それをもとに医師が評価・予測を行います。この評価力と予測力こそが、リハビリ医の能力が発揮できる部分といえます。

  • 不可能を可能にする未来のリハビリがある

    最新テクノロジーをリハビリに応用する流れが加速し、臨床研究が進められている中、当院には「スマートリハ」というコンセプトを持った国内有数のリハビリテーション室があります。ニューロリハビリテーション(神経リハビリ)の理論に基づいて開発され、高度にシステム化された機器を用いたこの部屋には、これまで実現できなかったことを可能にする、“あきらめないリハビリ”があります。

  • 患者さんにトータルに関わる“総合医”として

    リハビリの最大の目的は、日常生活への復帰です。医療だけでなく福祉・行政などを含めた幅広い知識を持ち、地域と連携できる技能・資質がリハビリ医には求められます。患者さんの障害と病態を総合的にとらえ、家庭環境や生活様式、全体のスケジュールなどからその人の回復力を最大限に発揮できるようにプランを立てて処方します。そのためリハビリ医は、一種の総合医といってよいでしょう。

  • チームで最善のリハビリを提供していくために

    絶対に寝たきりにさせない――この強い思いを胸に、当院リハビリ医は患者さんの最善の予後を狙うことのできるスタッフをキャスティングし、さらにその狙いにブレはないかを日々見極める、いわばチームのマネージャー役を担います。看護師や療法士、患者さんに関わるすべてのスタッフが専門技術を持っているからこそ、あくまで対等の関係で。患者さんとそのご家族もチームの一員。共に最良のゴールを目指します。

医師紹介

  • 院長
    江端 広樹(えばた ひろき)

    慶應義塾大卒
    日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
    義肢装具適合判定医
    身体障害者福祉法指定医

  • 院長補佐(非常勤)
    水野 勝広(みずの かつひろ)

    慶應義塾大卒
    慶應義塾大学病院リハビリテーション医学教室 特任准教授
    日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
    義肢装具適合判定医
    身体障害者福祉法指定医

  • 医長
    新城 吾朗(しんじょう ごろう)

    富山大卒
    日本リハビリテーション医学会専門医
    義肢装具適合判定医
    身体障害者福祉法指定医

  • 医長
    宇内 景(うない けい)

    筑波大卒
    日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
    義肢装具適合判定医
    身体障害者福祉法指定医

  • 医員
    三浦 治己(みうら はるき)

    信州大卒
    日本リハビリテーション医学会 会員

  • 非常勤
    西田 大輔(にしだ だいすけ)

    鹿児島大卒
    日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
    日本神経学会専門医
    日本内科学会認定内科医
    義肢装具適合判定医
    身体障害者福祉法指定医

対象疾患

当院は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血を代表とする脳卒中(脳血管障害)の
患者さんを主に受け入れております。

入院可能な日数は、それぞれの疾患や重症度によって以下のように定められています。

対象疾患 発症から入院までの期間

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、多発性神経炎等の発症または手術後、義肢装着訓練を要する状態(下肢切断)

2ヶ月以内

高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷

大腿骨、股関節の骨折または手術後の状態

リハビリチーム

個別性の高いプログラムを提供する、リハビリ専門チームがいます。

医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、ソーシャルワーカーと、9つの分野の専門家が質の高いチーム医療を展開。脳障害や運動マヒをはじめとした後遺症の回復、そして日常生活動作の改善・向上という共通の目的に向かって、365日切れ目のないリハビリプログラムをご用意し、早期回復・社会復帰を目指します。 患者さんの能力を最大限に引き出します。