済生会東神奈川リハビリテーション病院

〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区
西神奈川1丁目13番地10

電話045-324-3600

病院概要

理念

リハビリテーション医療を通じて地域の皆様の幸福に貢献します

基本方針

  1. 質の高いリハビリテーション医療、安全な医療を提供します
  2. 患者さんとご家族に信頼される医療を提供します
  3. 患者さんの権利を尊重し、患者さんが参加する医療を展開します
  4. 未来のリハビリテーションに貢献できる先進的なリハビリテーションに取り組みます
  5. 急性期病院との医療連携、慢性期・生活期の医療・介護施設、在宅スタッフとのスムーズな地域連携を構築し、地域から選ばれる病院をめざします
  6. 職員の働きがいのある病院をめざします
  7. 病院として責任ある経営をめざします

病院概要

名称 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部神奈川県
済生会東神奈川リハビリテーション病院
所在地 〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1丁目13 番地10
TEL
FAX
045-324-3600
045-324-3555
開設日 2018年2月1日
院長 江端広樹
病床数 74床(2018年4月 97床予定)
診療科 リハビリテーション科
敷地面積 敷地面積:約6129.45㎡
延床面積:約9561.61㎡

病院の役割

周辺の医療機関との関係

回復期リハビリテーション病院として周辺の医療機関と連携し、患者さんの社会復帰を支援する役割を担います。急性期病院での治療が終了した患者さんに対し、食事、歩行、排せつなどの日常生活動作を中心に集中的なリハビリテーションを行い、ご自宅や施設に戻られた後も、かかりつけ医と連携しながら生活期を支えていきます。

最先端機器によるリハビリの提供

最新の脳科学の知見に基づく訓練装置など先端的な機器を積極的に導入し、治療効果の最大化を目指します。大学との共同研究による新たなリハビリ機器の開発や、次代を担うリハビリ医療者の育成も大切な使命と考えています。

済生会として地域へ貢献

「社会福祉法人恩賜財団済生会」の一員として、「生活困窮者に対し医療による支援を行う」という済生会創立の理念を受け継ぎ、医療・保健・福祉が連携した総合的なサービスの提供を通して地域へ貢献します。

患者さんの権利

私たちは、インフォームド・コンセント(:納得するまで十分に説明し、理解した上で同意いただく事)を基本姿勢として、患者さんと信頼関係で結ばれた医療を行うことをめざしています。そこで、ここに「患者さんの権利章典」について明記し、その実現にむけて、みなさまと共に進んで行きたいと思っています。

  • 1.医療を受ける権利

    宗教、国籍、性別、年齢、病気の性質、社会的地位などにかかわらず、どなたでも平等に医療を受けることができます。ただし、病院の機能・専門性により十分に責任が持てないような状況が生ずることが予想される場合には、ご相談の上、適切に対応します。

  • 2.知る権利

    患者さんは、病名、病状、治療内容及びその危険性、回復の可能性、検査内容及びその危険性、薬の効能及び副作用などに関して理解できるまで説明を受けることができます。研究の途上にある治療をおすすめする場合には、治療の内容や従来の治療方法との違いなどについて、事前に十分な説明をします。また、医療従事者の研究及び教育の目的を含んだ医療行為がなされる時にも、事前に説明をします。さらに、医療に要する費用及びその明細について、説明を受けることができます。

  • 3.自己決定の権利

    患者さんは、十分な説明と助言・協力を得た上で、自分の意思により、検査、治療、その他の医療行為に同意したり、選択したり、拒否したりすることができます。また、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

  • 4.プライバシーが保護される権利

    患者さんには、医療上の個人情報を直接医療に関与する医療従事者以外の人に開示されない権利があります。

  • 5.参加と共同の責任

    これらの権利を守り発展させるためには、患者さんのご理解とご協力が必要となります。